2014年05月30日

H26・春の昇級審査

長谷川です。

「春の」昇級審査とは言っても、昨日と今日は暑いですね。
日中は汗をダラダラ流すぐらい暑いのですが、夜はまだ冷えるので、窓全開で寝たりしたらダメですよ。

5/29(木)は岐阜県本部(大垣)の昇級審査でした。
茶帯以上は養老・池田の子達も集まってくるので、かなりの人数になります。

審査では、普段はおちゃらけている子でも、この時だけは真剣な目をして受審しますよね。
みんなが、普段の練習の時も、審査の時と同じように真剣に練習していたら、あっっっっっっと言う間に上達してしまうのになぁ・・・と思ったりしています。

今回のような審査が終わったり、試合に出たりした瞬間には「普段から一生懸命練習しよう!」と思ったりする子も多いんじゃないでしょうか?

指導員も小さいときはそうでした。

でも、その時は決意するんですけど、日が経つにつれて決意が薄まっていくんです。
そういう決意と反省を何度も繰り返していくうちに、あるとき本当に上手になりたいと思う時がありました。
心の深いところからそういう思いが湧いてきたときから、一生懸命練習できるようになった気がします。

指導員は、本当に何度も決意と反省をたくさん繰り返しましたが、みんなは早い段階でそういう思いになってくれたらいいなぁと思っています。

shiro-kiiro.jpg

mido-cya.jpg
ラベル:審査 空手
posted by 名空会岐阜 at 14:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。