2015年10月22日

第30回大垣市空手道競技大会(H27.10.18)

お久しぶりです。指導員の佐々木です。

先日、大垣市在住者による大垣市民大会が行われ、名空会からも緑帯以上の生徒が参加しました。

日ごろの成果が十分に発揮され、良い成績を収めた子供、成長が結果として結びつかなかった子供、
負けて悔し泣きする子供、負けたけどヘラヘラしてる子供(内心は分かりませんが)

「やってきたこと」と「結果」について、その子供なりに感じるものがあり、次につながれば良いなぁと思いました。

そういった意味で、閉会式の総括をされた他道場の田村先生が
「空手道の稽古をすることは、強くなり結果を残すことだけではありません。
 トイレのスリッパを黙って揃えている名空会の子供達を見ました。
 この心は、とても大切なことです。皆さんもこうあるべきです。」
というお言葉をいただきました。

見せびらかす為にやったわけでは当然ありません。
名空会の子供達が普通にできること、「やってきたこと」が「結果」となって表れたといえます。

いち指導員として、子供達の「こころの成長」が見ることができ、大変嬉しく思えた大会となりました。

IMG_2917.JPG

【結果】
小学生形    四位 中垣慶人
小学生男子組手 三位 中垣慶人 四位 長崎一真
中学生形    優勝 杉原龍佳 準優勝 望月隆芳 
中学生男子組手 優勝 佐藤隆平 準優勝 杉原龍佳 三位 望月隆芳
中学生女子組手 準優勝 梶川明香里
高校・一般 形・組手  割愛

大会風景写真(←Googleフォトへジャンプ)








posted by 名空会岐阜 at 12:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする