2013年04月03日

一級資格審査員としての初仕事

長谷川です。

何か自分の事のようなタイトルで書き出しましたが、私の事ではありません。

佐々木師範は、昨年3月に全空連の公認八段を取得され、12月には範士の称号を認許されましたよね。

それで、今年の4月から一級資格審査員として全空連より業務を委嘱されることとなりました。

一級資格審査員のお仕事としては、公認六段以上の審査や、全国審判の新規審査・ランク付け審査が挙げられます。


ここでいよいよタイトルの話になります。

今月東京と大阪で全国審判の新規審査とランク付け審査が実施されるのですが、佐々木師範が審査員として任命されたようです。

沢山の先生方が緊張しながら受ける審査の審査員・・・・・・

すごいですよね。



私も師範のすごいところを、少しでも吸収できるように頑張りたいと思います。

先は長いですが。。。


posted by 名空会岐阜 at 09:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。